ちょっと変わった彼氏との同棲生活

変な彼氏を隣で見守るちゃんまいのブログ

カレーと麻婆豆腐とハンバーガー

子どもの頃はなぜか定番だった質問

 

「好きな食べ物はなんですか?」

 

大人になってからなかなかこんな質問されること

なくなりましたよね。

もし質問されたとしても

昔のようにすっと答えられないのは

食べ物を知りすぎたせいなのでしょうか。

 

しかしこんな子ども向けの質問に

即答できてしまうのが、変さんなのです。

 

 

カレーと麻婆豆腐とハンバーガ

 

 

変さんはこの3つの食べ物を愛してやみません。

 

どんなときでも

この3つのどれかさえ食べさせれば

ご機嫌になります。笑

 

毎週のようにカレーか麻婆豆腐か

ハンバーガーを食べているのです。

 

3週間ほどあいてしまっただけで

「最近カレー食べてない!」と大騒ぎ。笑

 

おいしい食事を好む変さんですが

この3つに関しては

どのお店でもどんな味付けでも

おいしそうに食べます。

 

変さんとお出かけするようになって約3年半

数えきれないほどたくさんの

カレー屋さん、中華料理屋さん、

そしてハンバーガー屋さんに

いっしょに行きました。

 

f:id:mai-yaa:20201103214809j:image

 

ハンバーガーに関しては月に3.4回ほどの

かなり高頻度で食べています。

カフェのハンバーガーだけでなく

マックでも変さんはいつもかなりうれしそうです。

 

変さんは、行ったお店の場所と名前

そして雰囲気や味など1店1店

本当によく覚えているのです。

 

約束や言ったことなどはすぐ忘れてしまうくせに

こういうことに関しては

突然抜群の記憶力を発揮します。

本当に偏りの大きい人です。笑

 

もちろんお店で料理がでてくると

変さんはまずいちばんに写真を撮ります。

 

変さんが写真を撮ると

おいしそうな料理がさらにおいしそうに

つやつやに輝いて写ります。

 

カレーも麻婆豆腐もハンバーガーも

雑誌の1ページかのような写真を撮る変さん。

これらの写真は服のインスタアカウントで

ストーリーにあげ、すべてを

プロフィールに固定しています。笑

 

https://instagram.com/kazutoshi_yamadaa?igshid=1toeukafuseiv

 

変さんは自分の好きな食べ物ですらも

大勢の人にアピールしていますね。

どこまでも自分をさらけだして

生きているんだなあとつくづく感じます。

 

ちなみに平日はいつも

私が夜ごはんを作っているのですが

「なんかめんどくさいなあ…」という日に

とっても便利なのが

 

CookDoの麻婆豆腐

 

です!

 

お豆腐とネギを切ってひき肉と炒め、

CookDoの素を入れて混ぜるだけで

すぐにできあがります。

 

さらに変さんも

「やったー!今日は麻婆豆腐だー!」と大喜び。笑

楽でおいしくて満足してもらえて

いいことづくしなのです。

 

またこれからもたくさん

カレーと麻婆豆腐とハンバーガーを

食べることになると思いますが、

今は私たちYouTuberになったので

これから動画でどんどんみなさんに

お店を紹介していけるのが今から楽しみです!

 

なので私たちのYouTube

よければのぞいてみてくださいね。

Kazutoshi Yamada Vlog - YouTube

 

ということで今回は変さんの愛してやまない

大好きな食べ物たちの紹介でした!

私のSNS開設と伸ばすための努力

ついに私たちの活動が本格的になってきました。

 

少しでも多くの人に見られて

私たちのことを知ってもらうことが

とても大切になります。

 

そのために、私も新しく

クリエイター用のInstagramTwitter

アカウントを作成することにしました!

 

今まで、Instagramは普通の日常アカウント

Twitterはほとんど見る専門の日常アカウント

どちらも鍵付きで顔見知りの友だちとしか

つながっておらず、

これしかSNSをやってきていません。

 

そのためたくさんの人たちに見られる

ということ自体がはじめてなのです。

 

そこで今回はSNS超初心者の私が

ひとりでも多くの人に見てもらうために

どうやってSNSをやりはじめたかについて

書いていきます。

 

まずInstagramの方は

毎日必ず自分のポートレート写真を

アップすることにしました。

f:id:mai-yaa:20201027224911j:image

 

そしてTwitterの方は

ポートレート写真をアップするのはもちろん、

YouTube更新のお知らせ、

そしてこのブログの更新のお知らせを

アップしていくようにしました。

 

そして #ポートレート #被写体  など

たくさんの人に見つけてもらえそうな

ハッシュタグをつけます。

 

ここからはとにかくひとりでも多くの人に

フォロー、いいねをしてもらうために

努力するのみです!

 

今までやっていたアカウントで

「新しいアカウントを開設しました!」と

InstagramのストーリーやTwitterの引用RT機能で

どんどん宣伝していきます。

 

私の友だち全員に見られるわけですから

緊張と恥ずかしさがものすごかったですが、

でもやるしかないのです。

 

たとえば私の宣伝投稿を

200人が見たとします。

 

そのうち190人が興味がないか、無視か、

「何こいつウケる」ぐらいのものだったとしても

残りの10人は「へえーどんな感じだろ」と

見てくれる人がいるものですよね。

 

そしてそのなかの数人

「フォローしとこ!」と

思ってくれる人がいるのです。

 

これは私たちにとってはとても貴重で

大切な大切なフォロワーさんです。

 

たくさん自分の写真をあげて、

YouTubeの宣伝までして

何回も「フォローして!」と呼びかけ…

「友だちにドン引きされたらどうしよう…」

なんてもう考えているひまもないのです。

 

毎日、ひとりでも多くの人に見てほしい!

という気持ちでがんばっています。

 

そしてもうひとつフォロワーを増やすために

やっていることは、

私たちと同じように写真や動画を

やっている人たちを探したくさんの作品を見て、

いいなと思ったものをたくさん見つけて

いいねとフォローをすることです。

 

これもかなりの時間と労力が必要ですが

いろいろな人たちの作品を見ることで

自分たちの勉強にもなるので

毎日こつこつがんばっています。

 

そして次に、私のSNSのリンクを

Link treeでひとつのページにまとめました。

こんな感じです。

@chann_maii | Linktree

 

InstagramTwitterのプロフィール欄には

リンクをひとつしか貼れないため

「インスタもツイッターYouTube

ぜんぶのせたい…!選べない!」という

私のような人にとてもおすすめです。

 

Linktree™ | The Only Link You'll Ever Need

 

というわけで、

フォロワーさんを増やすために

私がやっていることは

 

・毎日何かしら投稿する

ハッシュタグをつける

・がんばって宣伝する

・いいね や フォローをする

・リンクをまとめたページを作る

 

です!

 

あたりまえのことばかりかもしれませんが、

これらを毎日続けることが大切かなと思って

がんばってみている途中です。

 

ちなみにInstagramTwitter

目標を立てました!

 

目標は11月末までに…

 

フォロワー50人!

 

です!

 

自分の服をアップし続けて

フォロワーを0から2400人以上にまで伸ばした

変さんにいろいろ教えてもらいながら

がんばっていきますので、

よければ応援よろしくお願いします。

 

Instagram

https://www.instagram.com/p/CGKvhKXnJd8/

.はじめまして。マイといいます。よろしくお願いします✨.photo by @yoshikun_toru .#ポートレート #portrait #被写体 #被写体モデル #カメラ #youtube #youtuber #vlog #vlogger

 

Twitter

 

はじめてのYoutube投稿

変さんことヤマダカズトシさんと

わたくし まいですが…

 

ついにYouTuberデビューしました!!!

 

ヤマダカズトシ - YouTube

 

変さんにとっては念願の

私にとっては悩んだ末の大きな決断でした。

 

そしてすぐにはじめての動画を

撮影することになりました。

 

「自己紹介」の動画です。

 

撮影のための部屋の配置を決め、

セッティングを終えて

いざカメラを回しますが…

 

とにかく撮り直しばかり!笑

 

なぜかというと、

まず頭の中でなんとなく話すことを決めていても

口に出すとうまくまとまらないのです。

 

さらに緊張で変な間ができたり、

一文が長くなりすぎて

「結局何が言いたいの?」となったり。

 

何度も何度も間違え、つっかえ、つまずき…

 

やっと「言えた!」と思ったら

言おうと思っていたことの半分以下しか

話していなかったり…笑

 

カメラの前で話すってやっぱり難しいし

なんだか緊張しますね。

 

はじめてポートレート撮影されたときも

「カメラがこっち見てる!こわい!」と

思いましたが、そのときよりもっともっと

やりづらさを感じました。

 

こんなんじゃYouTuberになれない…

 

そこで私たちが編み出した

画期的な解決方法は…!?

 

 

…ありません!!!!!笑

 

 

つまり、

 

「話すの難しい…どうしたらいいの…」

 

と悩んでいる暇があったら

とにかく撮ってみたほうがいい!

 

ということです。笑

 

実際に話してみて、失敗したら自分で反省して

つぎはそこを工夫してもう1回。

 

これを繰り返していけば

だんだん慣れていきます。

(ただし私の慣れスピードは亀の歩み。)

 

今回の動画は変さんがほぼメインで話しているので

私が話しているのはほんの一瞬ですが…笑

はじめてなので、掛け合いの余裕もなく。笑

 

あとは恥ずかしいかもしれないですが

自分の映像は自分できちんと見て

反省した方がぜったいにいいです。

 

だらだら長く話しすぎてるなあ、とか

目線が変だなあ、とか

表情がかたいなあ、とか

やっぱりいろんなことが見えてきます。

 

私は最初声が小さすぎたのですが、

撮っているときはそんなことないと思っていて、

映像を見てはじめて気づきました。

 

さて、そんな感じではじめてのYouTube

撮影していったのですが、

実はこのたった数分話すだけの動画で

撮影に2日使いました。笑

 

1日目はすべてぼつです。笑

 

そして2日目でやっと撮影が終わると

今度は変さんによる編集作業です。

 

変さんはカメラに加えてYouTubeの仕事も

増えたのでさらに睡眠時間がなくなり、

毎日死ぬ間際のぎりぎりの状態で

仕事をしています。

 

このこだわりの強さ、

やりたいことへの強すぎる執念は

変さん生まれながらのものだろうと思うので

口を出そうともどうにかしようとも思いません。

 

あまりにボロボロな日はさすがに心配して

「今日は寝たら?」と言っていましたが

「仕事をなめるな」となぜか

私に怒ってくるので(←死ぬほど理不尽。笑)

心配するのは完全にやめました。

 

そしてオープニングも完成させ、

(このあたりはまた別の記事にしたいです!)

編集作業も終え、

ついに1本の動画が完成しました!

 

そのときのサムネがこちら。

f:id:mai-yaa:20201023215217j:image

 

投稿した日は変さんと私のふたりで

SNSで必死に宣伝しました。

 

とにかくひとりでも多くの人に

見てもらう必要があるからです。

 

その結果意外にもたくさんの方々が

見てくださり、私たちは無事

YouTuberとしてのスタートを切りました。

 

自分が絶対にならない職業は?

と聞かれたらベスト3には浮上したであろう

「YouTuber」

 

それを目指す日がやってくるなんて、

本当に人生ってふしぎですね。

 

いつか今の自分を後悔するときがきたとしても、

全力で生きて全力で楽しんだ日々を

否定することはないだろうと信じています。

 

そのためにも全力で生きないといけない。

がんばります!

 

※追記

2020年10月25日より

YouTubeチャンネルを移行しました。

 

移行後の第1投稿目は

リニューアル版の自己紹介動画です。

こちらからぜひ見てください!


【#リスタート】はじめまして(?)改めて自己紹介をします!

ついに…カメラ購入!

以前の記事で、私たちが

YouTubeの活動をはじめたことを書きました。

私の葛藤と決断 - ちょっと変わった彼氏との同棲生活

 

以前の記事にもあったとおり

私はかなり悩んでの決断でした。

そのため、やるなら中途半端ではダメだな!

覚悟決めてやらないと!と思いまずは…

 

 

カメラを買おう!!!

 

 

と決断しました。

 

今までも何度も変さんに

「まいちゃんもカメラ買いなよー楽しいよー」と

言われていたのですが、

いつも断っていました。

 

なぜかというと

私はそういった芸術的なものに対して

昔からかなり苦手意識が強く、

絶対に下手だし楽しめない…と思ったからです。

 

私は昔から絵や情景などを頭で

イメージすることがとても苦手です。

 

たとえば「ドラえもんの絵を描いて」

と見本なしの状態で言われたとします。

今までにどれだけ何回も

ドラえもんの顔を見ていたとしても

頭の中に思い浮かべることができません。

 

そのためどれだけがんばっても

輪郭ぐらいしかまともに描けないのです。

もちろん学生時代の美術はC、

絵しりとりは一向に相手に通じませんでした。

 

好きなものを描いてと言われたら

真っ白の紙を真っ白な頭で

ただ見つめているだけの子どもでした。

 

少し話がそれましたが、

とにかく芸術的なものは苦手なのです。

 

写真もきっと無理!

 

こう思っていたのです。

 

ですがカメラマンの変さんと

これからも一緒に活動を続けていくと決め、

私もカメラがあった方が活動の幅が広がるな

と思いました。

 

変さんほどのめり込むことはできなくても、

変さんの技術には到底及ばなくても、

こうやって今ブログで日々を記録しているみたいに

写真でも日々を記録することができたら

楽しいですよね!

 

そうしてカメラを購入すると決め、

いろいろ調べ始めました。

 

変さんにいろいろ教えてもらえるように

変さんと同じsonyがいいなーと思い、

いろいろ見てみましたが…

 

難しくて何が書いてあるかわからない…

 

なんとなく今まで変さんから聞いた話を覚えていて

APS-Cとフルサイズについて、

F値とは…シャッタースピードとは…

などなどは知っていましたが

 

「だから何?」の状態。

 

それが何かは知っていても、

じゃあ何がいいの?という感じで

やっぱりひとりでは何もわかりません。

 

大体こんなのがあるんだなあ…

ぐらいの知識しかつきませんでしたが、

週末に変さんとついにカメラ屋さんに

行くことにしました。

 

変さんも2台目のカメラとして

sonyのα7ⅲを購入すると決めていたので

この日はふたりでカメラを買いに行きました。

 

栄を歩き回り、カメラ屋さんを3店舗まわって

店員さんからお話を聞いたり、

実際に触ってみたり、

お値段を比較したり…

 

変さんは予定どおりsonyのα7ⅲと

なにやら新しいレンズを購入していました。

 

私も店員さんや変さんにいろいろ

教えてもらいながら

最終的にsonyのα6600を中古で購入しました!

 

これから動画も撮ることになるため

・手ブレ補正があること

・モニターが180度動いて自撮りできること

 

これらが決め手になりました。

 

久しぶりの大きな大きな買い物でした。

 

この日1日でふたりで買い物をした総額は…

 

 

…なんと、50万円!!!!

 

おそろしすぎる!!!笑

 

せっかく自分のカメラをゲットしたので、

これはスマホでは撮れないな!

と思われるような写真が撮れるように

がんばってみたいです。

 

そしてせっかくなので、自分で撮影した写真を

このブログに使っていければなと考えています。

 

変さんはカメラが2台になり、

写真撮影と動画撮影を同時に行えるようになり

抜群に効率がよくなりました。

 

お金はもうまったくありませんが

仕事をするためには機材が必要なので

仕方がない…!

 

お金をもらうために

まずは極限までお金を使わないといけないなんて

本当に厳しい世界ですね…。

 

この数ヶ月突っ走り続けている変さんと比べれば

私は引っ張ってもらっていたり

のろのろ歩いていたりですが、

私にとっては今見ている世界の

すべてが新しく、知らないことだらけです。

 

私のカメラ購入は、

私たちの活動の幅や可能性を

広げることにつながったな、と思います。

 

ちなみにこちらがカメラ購入直後

はじめて撮ってみた写真です。

f:id:mai-yaa:20201020215238j:image
f:id:mai-yaa:20201020215241j:image

 

…まだまだ道のりは長そうですね。笑

人目が気にならない変さん

私にはその感覚が理解できないのですが…

 

変さんは本当に

人目をまったく全然気にしません。

 

今回は、

人目が気にならない変さんと

その隣を歩く私についての記事です。

 

以前も記事にしましたが、

変さんは服が好きです。

 

2年半ほど前からファッション用の

Instagramをはじめ、今もずっと自分の服の

投稿を続けています。

 

Login • Instagram

 

みなさん大体お察しのことと思いますが

これらの写真を撮っているのは私です!

 

変さんの服装にはもうすっかり慣れているので、

変さんがどれだけ奇抜な格好をしていても

私はもうなにも気にすることなく隣を歩けます。

 

f:id:mai-yaa:20201017181857j:image

 

しかし写真撮影の注目度は

なかなかのものなのです…。

 

変さんの服の写真は

お出かけしたときなどに突然

街中や道の真ん中で撮影することが多いです。

(もちろん他の人の迷惑にならないよう

タイミングをとりながら。)

 

そんなときでも変さんは人目を

まったく気にしないため、

どれだけ注目されようと平気です。

 

商店街のど真ん中だって

栄のスクランブル交差点のど真ん中だって

平気でポーズをとります。

 

「恥じらい」という感覚を

生まれる前に天に置いてきたのでしょう。

 

その反面私は注目されることは

そこそこ苦手です。

 

変さんの写真を撮りながら

たくさんの人たちにじろじろ見られ、

ときには「あの人たちやば…」とつぶやかれ…

 

とにかく恥ずかしい!!!

 

でもなんとか慣れてきたな…

気にならなくなってきたな…

という頃、なんと今度は私が撮られる側に

なるようになってしまったのです!

 

人に見られない撮影の方がめずらしいぐらい

本当にたくさんの人たちに注目されます。

 

撮影風景も明らかに趣味のレベルでなく、

本格的な機材たちを使っての撮影を

街中でやっているため、

注目度はえげつないです。

 

(商店街のど真ん中にて撮影)

f:id:mai-yaa:20201017182629j:image

 

最初は嫌がって拒否したり

しぶしぶ被写体になっても

「はやくして!」と変さんを急かしたり…

 

とにかく人目が気になっていました。

 

そんなときの変さんの反応はというと…

 

「恥ずかしくないよ?」

 

ひとかけらの共感も気遣いもありません。笑

 

なぜ恥ずかしいのか理解できないし

しようともしていないのでしょう。

だって自分は恥ずかしくないのですから…。

 

あまりにあたりまえのように

恥ずかしがらないので、影響されてしまい

私の感覚もだんだん変わっていきました。

 

人に見られるから

なんだっていうんでしょう。

 

何か自分にとってマイナスなことが

起きるわけでもないのに、

人の目を気にして何もできないまま

人生を終わらせていたらそれまでです。

 

人目を気にするなんて

なんの意味もない無駄なことだなあ…と

思うようになりました。

 

そしてなんだかんだ

街中でのポートレート撮影も

ノリノリでできるようになってきた頃、

 

なんと私たち、

YouTuberになってしまったのです!!!笑

 

私の葛藤と決断 - ちょっと変わった彼氏との同棲生活より

 

今度は街中でYouTubeの撮影をするように

なってしまいました。笑

 

街中で動画をまわし、

カメラに向かって話します。

これまたものすごい注目度です。

 

…またひとつ難易度が上がってしまった…。

 

私はまたしばらく恥じらいと戦う日々に

なりそうです。笑

 

ですがこれまでの経験から、

「数をこなせば慣れてくる」

ということがわかってきたので

恥じらいの向こう側をめざして

これからがんばっていきたいです。

 

ちなみに…

 

変さんは人目が気にならなさすぎて

街中でも突然歌いだします…。

 

人目が気にならないとかいう問題でなく

ただの不審者なのかも…?笑

 

私の葛藤と決断

なんだか自分のブログを見返すと

変さんのことをわりとほめてばかりだったので

今回の記事ではそろそろ

変さんの株を下げようと思います。笑

 

変さんはカメラに力を入れ始めたとき

あるYouTubeチャンネルを見つけました。

 

それが「サンセットスタジオTV」です。

 

サンセットスタジオTV - YouTubeサンセットスタジオTV - YouTube

 

変さんはこのチャンネルで写真を勉強し、

この人たちの影響をかなり受けています。

 

サンセットスタジオTVは

沖縄でフォトスタジオを経営している

カメラマンの旦那さん、ダイスケさんと

ヘアメイクアーティストの奥さん、ちゃんまりさん

がメインになってカメラのノウハウを

初心者にもわかりやすくおもしろく

教えてくれるチャンネルです。

 

そしてこのお二人は「ナカモトフウフ」という

夫婦チャンネルもやっています。

 

ナカモトフウフのOkinawa Life Vlog - YouTubewww.youtube.com

 

こちらのチャンネルでは

夫婦で日々の生活をvlogにしたり

さらには日本中を旅したり

キャンピングカーを手作りしたり…

 

ふたりで全力で人生を楽しむ様子が

おしゃれな動画になってアップされています。

 

私もこの人たちのことがとても好きで

いつも変さんと一緒にYouTubeを見ています。

「こんな人生いいなあ…」と思っていました。

 

そして以前の記事にもある通り変さんは

あるとき動画をはじめてYouTubeチャンネルを

開設したわけですが、その頃あたりからよく

 

「ナカモトフウフみたいな生活いいなー」

「まいちゃんも動画編集

できるようにならないとねー」

 

的なことを時々口にするようになったのです。

 

あまりにも冗談のような言い方なので

私は「そうだねー」と受け流していました。

 

変さんはそんな軽い口調のまま私に

「まいちゃんも動画でるよー」と

あたりまえのように言ってくるようになりました。

 

私は職業上ネットへの顔出しはあまりできません。

YouTuberなんてもってのほかです。

 

そのためすぐに「え、無理。」と答えました。

 

変さんは私の仕事のことを知っているにも関わらず、

なぜ無理なのか理解できない様子。

社会不適合者なのでそういった社会のモラルという

感覚がないのです。

 

「一緒に動画やったら楽しいよ」とそればかり。

 

もしバレたら…という私の気持ちなんて

想像もつかないのでしょう。

 

「ナカモトフウフみたいな生活しよう」

と誘ってくるので「こいつ何言ってんだ…」と思い

はっきりと「私は動画には出れない」と

宣言しました。

 

すると変さんは

「自分は止まらない。どんどん進む。

カメラマンをしながらYouTuberになって

日々の生活もお出かけも全部動画にして

やりたいことでお金をもらって生きていく」…と。

 

しかしそれに私が協力できないとなると、

仕方ないのでこれからは変さんひとりで

活動していこうとなりました。

 

たしかにそうするしかないと思います。

 

私が止まれば、

どんどん進んでいく変さんは

すぐに私の手の届かないところへ

行ってしまうでしょう。

 

土日しか休みのない私にプロカメラマンの

アシスタントはつとまりませんから

仕方ありません。

 

しかし私は心底変さんに腹が立ちました。

 

「ふたりでナカモトフウフみたいになる」

というこんな私の人生を左右するようなことを

なんの話し合いも相談もなく

どうして決めることができるでしょうか?

 

前もって一言相談があるべきなのです。

 

私は今の仕事を一生続けようと思っていました。

ずっとなりたかった憧れの職業ですし、

自分の能力が発揮できる環境です。

さらに安定した収入が約束されています。

 

YouTuberになるということはこの職を

いつか手放すときがくるかもしれないのです。

相当な覚悟が必要です。

 

こんな軽いやりとりで決められること

ではないのです。

 

この変さんの、相手の立場に立って

相手を気遣うことのできなささ、

事前に相談することのできなささに

私は変さんにかなりの怒りをぶつけました。

 

言いたいことはすべて言い、その日は寝ました。

 

そして次の日。

私は1日かけて自分の人生を考えました。

 

今の職はやめたくない、一生続けたい、

楽しいからこのままでいい、と

頑なに言っている私。

 

でもそれならどうして

金曜日はうれしくて、月曜日は憂鬱なの…?

土日を楽しみにしているのはなぜ…?

 

今の仕事を続けながら変さんとの活動も続ける

だなんて中途半端ないいとこどりができるのは

もうここまで。

変さんはもう止まらない。

 

これから変さんが土日も私を置いてひとりで

楽しそうに仕事して、動画を撮って…

その隣で私は私の人生を楽しめる…?

 

ふたりの日常もお出かけも旅行も、

そのすべてがお仕事になってそれでお金をかせぐ。

そんな生活が本当にできたら

今のままの人生を送るより

何倍も楽しくて充実した人生じゃないか…?

 

そもそも人生の選択肢に

こんな刺激的で楽しそうな道があるだなんて、

そんなのなかなかあることじゃない…。

 

でもそれなりにやりがいがあって、

安定した収入もあって、

自分の能力を発揮できるこの職を捨てて

不安定だけど未知で刺激的な世界に

飛びこむことが自分にできる…?

 

もうとにかく

ぐるぐるぐるぐる

たくさん考えました。

 

そうして出した答えは…

 

 

変さんとYouTubeに出演し、ふたりの活動を続ける

 

 

でした。

 

将来今の仕事をやめることになったとしても、

やらなくて後悔するより

やって後悔したほうがいいと思いました。

 

やっぱり人生は全力で楽しむべきです。

 

今のままで充分楽しいだなんて、

現状を変えたくないただの甘えです。

全力で楽しむだけの覚悟が

ついていなかっただけなのです。

 

私はもう覚悟を決めました。

 

変さんとふたりで

いろいろなことにチャレンジして、

全力で楽しみながら生活していきたいです。

 

私がこんな夢みたいなこと

本気で言う日が来るとは思ってもいませんでした。

 

こうしてさっそく私もカメラを買い、

記念すべきふたりのYouTube動画が

アップされたのでした。

 

www.youtube.com

 

長くなりましたが、

以上が私がYouTubeに出演することになるまでの

経緯です。

 

本当に未熟すぎる私たちですが、

みなさんぜひ暖かく見守っていただければ

うれしいです。

 

今後ともよろしくお願いします!

 

※追記

2020年10月25日より

YouTubeチャンネルが新しくなりました。

www.youtube.com

 

今後は今までのチャンネルは

サブチャンネルとなりますので

ご承知おきください。

 

カメラマンへの大きな一歩

プロのカメラマンをめざして

日々奮闘中の変さん。

 

あるとき変さんのカメラマン人生が

大きく動きはじめる出来事がありました。

 

今回はその出来事について

記事にしていきたいと思います。

 

変さんはコロナによる自粛期間、

そしてお盆休みを活用して

フォトグラファー、

さらにはビデオグラファーとして

自分の腕を磨き上げてきました。

 

そして次はその技術を今度は人のために

使っていく段階に入ります。

 

そこではじめたのが「無料撮影」でした。

 

実はこのとき変さんは同時に

もうひとつ「ある活動」を始めていたのです。

 

それは、

「服のお店の宣材写真と動画の無料撮影」です。

 

変さんは今までにお世話になったお店の方々に

カメラと自分の腕を使って

恩返しがしたいと考えたようです。

 

ちょうどそのとき

長い間よくしてもらっていた服屋さんの方が

今までのお店を閉め、新しい服屋さんを

オープンすることになったため、

変さんはその新しいお店のオープン宣伝動画を

無料で作成することにしました。

 

動画をはじめてまだ1週間の変さんですが

オープン前のお店に伺い、撮影しました。

 

動画編集はまだまだ慣れていませんが

悪戦苦闘しながらなんとか完成させました。

 

お店の方も気に入ってくださり

変さんの作った動画を

オープン宣伝ムービーとして使ってもらいました。

 

そしてお店のオープン当日。

 

変さんはオープン当日の様子も撮影して

動画を作成するために、お店に行きました。

 

そのオープンイベントでたまたま

ある新婚の夫婦さんに出会い、

変さんのカメラマン人生を動かすのです。

 

ふたりは変さんが作った

お店のオープン動画を見てくれていました。

 

てっきりお店がプロに頼んで作ってもらったのかと

思っていて、まさかまだ動画をはじめて1週間の

超アマチュアが作ったとは思わなかったそうです。

 

そのぐらい変さんの動画を

気に入ってくれていたのです。

 

そしてそのふたりからこんなことを言われました。

 

「結婚式のオープニングムービーを

作ってくれませんか?」

 

…と。

 

一生に一度の晴れ舞台、結婚式。

 

その大切なオープニングムービーを

なんとアマチュアの変さんに

お願いしたいというのです。

 

変さんはまだカメラで

お金をもらったことがありません。

 

突然はじめてのお金をもらっての

個人での大仕事が入ってきました。

 

変さんは引き受けました。

 

きっとわくわくとどきどきで

いっぱいだったと思います。

 

お金をもらって撮影するということは

それだけの責任があります。

 

経験が浅いとか初めてだなんて関係なく

失敗は許されず、それなりのクオリティー

求められるのです。

 

そして人生をかけた撮影当日。

プロのカメラマンたちが前撮りをしているなかに

変さんが混ざって動画撮影をします。

 

はじめてプロの仕事ぶりを間近で見て

学ぶものも多かったようです。

 

そうして撮影を終え、編集作業に入りました。

 

家での変さんの様子を見ているだけで前より

かなりレベルアップしたことがわかりました。

 

やることがどれだけたくさんあっても

毎日毎日時間を捻出させて

すべてをこなしていきます。

 

心配になって「少し休んだら?」と

声をかけても「そんな甘い仕事はしない」と

まったく休む気がありません。

まあなにを言っても無駄なことは

はじめからわかっていました。

 

こういうときはブレーキが壊れてしまっているし

そもそも踏む気もないので

ほっとくしかありません。

 

そんな様子で毎日編集し、

少し進むと「見てー!」と私を呼び

また少し進むと「見てー!」の繰り返し。

…小学生?笑

 

時には参考にしようと見た

プロが作ったウエディングのオープニング動画が

すごすぎて心が折れそうになったり。

 

そしてなんとか完成しました!

 

私には動画をはじめてまだ数週間とは

思えないほどのすばらしい動画に見えました。

 

動画の撮影や編集をはじめたのは最近でも、

変さんだけのセンスや感覚というものは

これまでの人生で人の何倍も

動き、話し、行動し続けて

人よりたくさんのインプットがあって

得てきたものなんだろうなと感じました。

 

完成した動画は喜んでもらえたようで

変さんはカメラでの初任給を手にしました。

 

今回の出来事は変さんにとって

かなり大きなことだったと思います。

 

これから進む道の過酷さも楽しさも

いろんなものが見えてきたように感じます。

 

きっとこれからの変さんの長い人生を

あとで振り返ったときにふと思い出すような

貴重な大きな一歩が踏み出せたのでは

ないかなと思いました。

 

今回の出来事のすべてのはじまりになった

VERSTECKというお店のオープニング動画を

貼っておきます。

 

https://youtu.be/fIwPeD5AQ4kyoutu.be

 

ぜひみなさんも一度見てみてください!